ニュース 2018.04.07. 17:34

DeNAバリオス、5年ぶりのNPB白星 7回途中1失点、広島の得点記録止める

無断転載禁止
DeNAのバリオス
2018.04.07 14:00
広島東洋カープ 2 終了 4 横浜DeNAベイスターズ
マツダスタジアム
● 広島 2 - 4 DeNA ○
<2回戦・マツダ>

 DeNAが連敗を「3」でストップ。先発のバリオスが7回途中1失点の好投を見せ、NPBではソフトバンク時代の2013年以来の白星となる、待望の移籍後初勝利を手にした。

 バリオスは初回、テンポよく3人斬り。2回は5番松山に右中間フェンス直撃の二塁打を浴びたが、続く安部を見逃し三振。7番野間は二ゴロに退けた。新加入右腕は3回以降も安定し、6回まで零封。7回は連打などでピンチを招いたが、3番手・井納の好救援にも助けられ、最少失点で凌いだ。

 バリオスは6回1/3、80球を投げ、5安打3奪三振無四死球の内容。広島打線はリーグタイ記録となる開幕から7試合連続5得点以上をマークしていたが、新助っ人は丁寧な投球で、強力打線相手に新天地初勝利を記録した。

 8回は4番手のパットンが押し出し含む4四球と乱れたが、ここでも代わった砂田が好救援。2点リードの9回は抑えの山崎が締め、今季2セーブ目を手にした。

 打線は5回、6番嶺井の2号2ランで先制。その後も9番倉本の中前適時打、3番筒香の左犠飛で、広島先発・ジョンソンから4点を奪った。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西