ニュース

ヤクルト今季初の同一カード3連勝! 風張に続き2年目の中尾もプロ初勝利

無断転載禁止
プロ初勝利を挙げ、ウイニングボールを手に小川監督と握手するヤクルト・中尾=神宮(C)KYODO NEWS IMAGES
2018.04.08 13:00
東京ヤクルトスワローズ 7 終了 4 読売ジャイアンツ
神宮
○ ヤクルト 7 - 4 巨人 ●
<3回戦・神宮>

 ヤクルトが今季初の同一カード3連勝。2年目左腕・中尾が5回からの3イニングを1安打無失点に抑え、うれしいプロ初勝利を手にした。

 ヤクルトは常に先手を奪うも、先発・山中がピリッとせず、4回4失点で降板。それでも、5回から登板した2番手・中尾が好救援。球威のある直球とキレのある変化球を駆使し、7回までの3イニングを1安打4奪三振無失点に抑えた。

 昨オフのアジア・ウインターリーグから飛躍を続ける左腕は、オープン戦でも結果を残し開幕一軍入りをゲット。ここまでの2登板は制球に苦しむ場面もあったが、この日は四死球もわずか1つに抑えた。

 打線は同点に追いつかれた直後の3回、2番西浦の適時打、3番バレンティンの3号2ランで3点を追加。その後、再び同点に追いつかれたが、6回に7番広岡の中犠飛で勝ち越し。7回にはバレンティンの4打点目となる中前適時打、西武から新加入した田代の移籍後初安打となる左前適時打で、7-4とリードを広げた。

 投手陣は8回以降、石山、カラシティーの継投。抑えのカラシティーは3セーブ目を手にし、中尾は4年目でプロ初勝利を手にした前日の風張に続き、再び本拠地ファンに新生・ヤクルトを印象付けた。

ツイート シェア 送る

もっと読む