ニュース

中日、今季初のカード勝ち越し 両打ちアルモンテが右で左で計4打点

無断転載禁止
中日のアルモンテ
2018.04.08 14:00
阪神タイガース 7 終了 9 中日ドラゴンズ
京セラD大阪
● 阪神 7 - 9 中日 ○
<3回戦・京セラD大阪>

 中日がシーソーゲームを制し、今季初のカード勝ち越し。両打ちの新外国人アルモンテが、ともに来日自己最多となる1試合4安打4打点をマークした。

 アルモンテは3回、二死二塁の好機で、阪神先発・能見から右中間突破の先制適時二塁打をマーク。1-1の5回にも能見から左前適時打を放ち、中日打線はその後も3点を加え5-1とリードを広げた。

 アルモンテは6回、3番手の岩崎からも左前打を放ち来日初の猛打賞。5-6の8回は、5番手・マテオから右前への逆転2点適時打を放ち、この試合計4打点。右打席で3安打2打点、左打席で1安打2打点と器用に打ち分けた。

 投げては先発・笠原が6回1失点と好投。7回に2番手・又吉が1回5失点、3点リードの9回にも4番手・田島が失点したが、この日は打線が13安打で9点を奪い辛くも勝利。ともに苦しんだ又吉に今季1勝目、田島には3セーブ目が記録された。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西