ニュース

DeNA・井納がイニングまたぎをしたワケ

無断転載禁止
DeNAの井納翔一
2018.04.10 18:00
読売ジャイアンツ 3 終了 4 横浜DeNAベイスターズ
東京ドーム
 先発からリリーフに転向したDeNAの井納翔一が、10日の巨人戦でイニング跨ぎをした。

 井納は1点ビハインドの7回二死一、二塁から登板。ゲレーロを三ゴロに仕留めると、直後の8回に味方打線が、巨人のセットアッパー・上原浩治から3点を奪い逆転に成功した。

 2点リードとなった8回、本来であれば8回の男”・パットンがマウンドにあがるところだが、ラミレス監督は試合後に「パットンは今日(10日)、子供が生まれたためベンチ入りしなかった。彼は明日(11日)には合流する」という理由で井納が8回もマウンドへ。

 イニングまたぎとなった井納は、マギー、岡本和真に連打を浴び無死二、三塁と、一発を打たれれば逆転のピンチを招く。続く亀井善行には初球のストレートをセンター前に捉えられ、1点を失った。一塁から二塁を狙った打者走者の亀井をアウトにしたが、なお、一死三塁とピンチは続き打席には代打・阿部。阿部にも初球を弾き返されたが二ゴロ。井納は、途中出場の長野に四球を与えたところで降板となった。

 後を受けた砂田毅樹が代打・中井大介を遊飛に打ち取り、井納は1回を投げて3安打1失点という投球内容だった。

(取材・ニッポン放送アナウンサー洗川雄司)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM