ニュース

巨人・阿部の打撃に江本氏「タイミングがずっと遅れている」

無断転載禁止
オープン戦から苦戦が続く巨人・阿部慎之助(C)KYODO NEWS IMAGES
 巨人・阿部慎之助のバットから今季初安打がまだ生まれない。

 阿部は10日のDeNA戦、1点を追う8回一死三塁の場面で、小林誠司の代打で登場。外野フライで同点という場面だったが阿部は、DeNA・井納翔一が投じた初球のストレートを捉えるも二ゴロに倒れた。

 同日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-DeNA戦』で解説を務めた江本孟紀氏は阿部の打撃について「タイミングがずっと遅れている」と指摘し、「しょっちゅう出てないとダメですよ。ある程度打席を踏まないとね」とコンスタントに出場機会を与えることで状態が上がるのではないかと分析していた。

 長年巨人のレギュラーを務めてきた阿部だが、オープン戦から打撃不振が続き、開幕からベンチを温める日々が続く。早くスコアボードに“H”のランプを灯したいところだ。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM