ニュース

「脳震盪特例措置」のヤクルト・川端が復帰!中日・大野奨は抹消…11日のプロ野球公示

無断転載禁止
中日・大野奨太

「脳震盪特例措置」


 ヤクルトは11日、川端慎吾を一軍登録した。

 川端は3日の広島戦で頭部に死球を受け、そのまま途中交代。翌4日に「脳震盪特例措置」の対象選手として登録を抹消されていた。

 今回は同制度により、通常では再登録までに必要な10日間を経ずに一軍復帰。抹消時に代替選手に指名された大村孟が自動的に抹消となるが、この大村も10日間を待たずに再登録が可能となっている。

 また、今度は中日の大野奨太が「脳震盪特例措置」により登録抹消となった。

 大野は8日の阪神戦で頭部に死球を受けて交代。打撲と診断されていた。なお、代替選手は指名せず。こちらも異常なしと認められれば、10日間を待たずに復帰が可能となる。


4月11日の公示情報

※再登録=4月21日以降

■ 広島東洋カープ
-登録-
64 中村恭平/投手
=抹消=
52 庄司隼人/内野手

■ 阪神タイガース
-登録-
29 高橋遥人/投手
=抹消=
27 尾仲祐哉/投手

■ 横浜DeNAベイスターズ
-登録-
34 平田真吾/投手
=抹消=
43 進藤拓也/投手

■ 中日ドラゴンズ
=抹消=
27 大野奨太/捕手(※2)

■ 東京ヤクルトスワローズ
-登録-
5 川端慎吾/内野手(※1)
=抹消=
59 大村 孟/捕手(※1)


(※1)ヤクルト・川端は「脳震盪特例措置」により、抹消後10日間を経ずに復帰。
(※1)代替選手の大村は抹消になるが、こちらも抹消から10日間を経ずに復帰が可能。
(※2)中日・大野は「脳震盪特例措置」での抹消。


ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西