ニュース

阪神ドラ2・高橋遥、7回零封でプロ初白星 甲子園で圧巻デビュー!

無断転載禁止
広島戦に先発した阪神・高橋遥=甲子園(C)KYODO NEWS IMAGES
2018.04.11 18:00
阪神タイガース 4 終了 1 広島東洋カープ
甲子園
○ 阪神 4 - 1 広島 ●
<2回戦・甲子園>

 阪神のドラフト2位・高橋遥人投手が11日、広島との2回戦(甲子園)でプロ初登板初先発。強力・広島打線を7回2安打無失点に封じ込め、本拠地でうれしいプロ初白星を手にした。

 高橋遥は初回、先頭の田中を投ゴロに仕留めたあと、2番菊池からはプロ初三振をマーク。続く丸には遊撃への内野安打を許したが、4番メヒアは高めの釣り球で空振り三振に仕留め、上々のスタートを切った。

 先制点をもらった2回以降は圧巻の内容。球威ある直球とキレのある変化球で上手く緩急をつけ、5回まで4イニング連続となる3者凡退をマーク。6回は先頭の8番会沢に2安打目となる左前打を許したが、続く代打・下水流を一ゴロ併殺に仕留め、この回も結果的に3人で終えた。

 4点リードの7回は、2番から始める上位打線との対決。ここでもテンポよく3人で斬り、この時点で球数は84球。プロ初登板初完封も狙えるペースだったが、オープン戦時から左腕を慎重に起用してきた首脳陣は、ここで継投策を選択した。

 阪神は8回、2番手・岩崎が1点を失ったが、最後はドリスが締め甲子園で2連勝。高橋遥が1勝目、ドリスは5セーブ目を記録した。

 打線は初回、3番糸井の適時二塁打で先制。5回は5番大山の押し出し四球、7番糸原の2点適時打で一気に3点を加え、力投するルーキー左腕を援護した。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西