ニュース

広島、4連敗で首位陥落 中村恭が4失点、先発陣は3戦連続5四球以上

無断転載禁止
5回、押し出し四球で追加点を許し、降板する広島・中村恭(中央)=甲子園(C)KYODO NEWS IMAGES
2018.04.11 18:00
阪神タイガース 4 終了 1 広島東洋カープ
甲子園
○ 阪神 4 - 1 広島 ●
<2回戦・甲子園>

 阪神のドラフト2位・高橋遥が、7回2安打無失点でプロ初勝利。対する広島は投打が噛み合わず、今季ワーストの4連敗で首位から陥落した。

 広島打線はプロ初登板初先発・高橋遥の前に7回までわずか2安打。4点を追う8回に3番手・桑原から代打・エルドレッドが適時二塁打を放ったが、反撃はこの1点止まりだった。

 今季初先発の中村恭は、初回に2番上本に四球を与えたあと、続く糸井に先制打となる適時二塁打を許した。その後は粘りの投球を見せていたが、5回は一死一塁から連続四球で満塁としたあと、5番大山にも押し出しとなる四球を与えてしまい、最後は3連続四球でマウンドを降りた。

 代わった中田が7番糸原に2点適時打を浴び、中村恭は4回1/3、4安打6四球4失点の内容。首脳陣の期待に応えられず、今季初登板で初黒星を喫した。

 広島は7日のDeNA戦から4連敗となったが、翌8日に先発した大瀬良が6回途中5四球、前日の阪神戦に先発した薮田は6回途中8四球を記録。これで先発陣は、3試合連続で5四球以上を献上。自滅で敗れる試合が続いている。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西