ニュース

DeNA・ラミレス監督、6番・三嶋、8番・戸柱の意図を説明

無断転載禁止
DeNAのラミレス監督
 DeNAのラミレス監督は11日の巨人戦後、6回のダブルスイッチの意図を報道陣に説明した。

 2点リードの6回からマウンドにあがったパットンが同点に追いつかれ、なお二死一、二塁の場面で投手を三嶋一輝にスイッチ。ラミレス監督は投手・三嶋をパットンが入っていた8番ではなく6番に置き、捕手も6番でスタメン出場していた嶺井博希から戸柱恭孝を8番で起用した。

 ラミレス監督は試合後、「ダブルスイッチして(8番に三嶋を入れると7回に打席が回ってくるので)打席に三嶋が立たないようにするため、(三嶋を7回も投げさせるため)捕手も代えた」と説明。

 三嶋は阿部慎之助に押し出し四球を与えたが、1回1/3を1安打2四死球無失点、戸柱は8回に2点適時二塁打を放ち、結果的に8番・戸柱、6番・三嶋の起用があたった形になった。

 ラミレス監督は2点適時二塁打を放った戸柱について「ここ最近、まったくプレーしていなかったのに、機会を得てしっかり打って、自分自身で2打点というバースデープレゼントをした」と評価した。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM