ニュース

巨人、初回の5失点が最後まで響き6連敗…高橋監督「重い5点になってしまった」

無断転載禁止
1回、連打を許した大竹(中央)のもとに集まる巨人ナイン=東京ドーム(C)KYODO NEWS IMAGES
2018.04.12 18:00
読売ジャイアンツ 4 終了 6 横浜DeNAベイスターズ
東京ドーム
● 巨人 4 - 6 DeNA ○
<3回戦・東京ドーム>

 巨人は初回に失った5点が最後まで響き、DeNAとの3連戦3連敗に終わり、連敗も6となった。

 先発の大竹寛が初回、先頭の神里和毅に先頭打者本塁打を浴びると、ロペスに2ラン、東克樹、倉本寿彦に適時打を打たれ初回から5失点。その裏、打線はマギーの3ランで3点を返した。

 2回以降は大竹が走者を出しながらも無失点に抑えると、5回から登板した田原誠次も2イニングを無失点。しかし、7回から登板した宮国椋丞は1イニング目を無失点に切り抜けたが、2イニング目となった8回に失点した。その裏、中井大介の適時二塁打で1点を返したが万事休す。4-6で敗れた。

 高橋由伸監督は試合後「初回の5失点ですね。ゲームを続けていくには重い5点になってしまいました」と話し、打線を組み替えたことについては「左の東ということだけでなく、色んなことを考えて変えました」と話した。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM