ニュース

西武・榎田、6回2失点で移籍後初勝利 涌井に投げ勝ち連敗止める

無断転載禁止
ロッテ戦に先発した西武・榎田=ZOZOマリン(C)KYODO NEWS IMAGES
2018.04.12 18:15
千葉ロッテマリーンズ 3 終了 6 埼玉西武ライオンズ
ZOZOマリン
● ロッテ 3 - 6 西武 ○
<3回戦・ZOZOマリン>

 阪神からトレード加入した西武の榎田大樹投手が12日、ロッテとの3回戦で移籍後初登板初先発。ピンチの連続も6回2失点と粘り、チームの連敗ストップに貢献した。

 榎田は初回、死球と安打で一死一、二塁のピンチを招くと、4番井上に右中間への2点適時打を許し2失点。2回以降もピンチの連続だったが、要所を締める投球で6回を5安打2奪三振4四死球の内容。しっかりとゲームメイクし、後続にマウンドを譲った。

 打線は2点を追う2回、ロッテ先発・涌井から、1番秋山が反撃の狼煙となる左前適時打を放った。1点を追う4回は、9番松井が復帰後初安打初打点となる同点適時打を右翼線へ。その後、満塁となり、3番浅村が押し出し四球を選び逆転した。

 その後、8番炭谷の適時打、浅村の3号2ランで3点を追加。炭谷は「榎田さんを援護できてよかったです」。浅村は「榎田さんが初先発なので、楽な展開で投げてもらえるようにしたいと思いました」と話し、新加入左腕を援護した。

 西武は4点リードの7回から、平井、武隈、増田の継投。ロッテの反撃を1点で抑え、榎田の初登板を勝利で飾ると同時に、連敗を「2」で止めた。

 一方のロッテは、涌井が6回途中9安打6四球と乱れ、計6失点で今季初黒星。打線は榎田を捉え切れず、チームの連勝は「3」で止まった。

ツイート シェア 送る

もっと読む