ニュース

広島、昨季18勝7敗の巨人に大敗 野村弘樹氏「初回の5失点が…」

無断転載禁止
1回、巨人・岡本(右)に2ランを浴び、肩を落とす広島・野村=東京ドーム(C)KYODO NEWS IMAGES
2018.04.13 18:00
読売ジャイアンツ 10 終了 2 広島東洋カープ
東京ドーム
 広島は13日、敵地東京ドームで昨季18勝7敗と勝ち越した巨人と対戦。今季初戦で勝利を挙げたいところだったが、投手陣が11安打10失点と打ち込まれ2-10で敗れた。

 広島は初回、丸佳浩の適時打で幸先よく先制。その裏、先発・野村祐輔がピリッとしなかった。先頭の坂本勇人に三塁打を打たれると、続く吉川尚輝の一ゴロを一塁・安部友裕がファンブル。その間に三塁走者の生還を許した。なんとか踏ん張りたい野村だったが、マギーに適時打、岡本に2ラン、中井大介にソロを浴び5点を失った。

 13日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-広島戦』で解説を務めた野村弘樹氏は先発した野村の初回失点について「(初回)坂本に三塁打を打たれましたよね。1点取ってもらっているところだったので、打たれたけど0点にという思いから少しボールが中へ中へとなり、最悪の5点に繋がったのかなと思うんですよね。1点を嫌がって5点になったというのを考えられなくはないですね」と分析した。

 2回以降は無失点に抑えた野村だったが、5回に吉川尚の犠飛、ゲレーロの適時二塁打などで3失点。代わった2番手・薮田和樹も7回に2点を許した。広島・野村、巨人・菅野智之の“同級生エース”対決は投手戦が予想されたが、終わって見れば2-10だった。

 広島の敗因について野村氏は「初回の5点というのが最後まで大きくのしかかりましたよね」と振り返った。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM