ニュース

野村弘樹氏、広島・薮田は「ちょっと心配」

無断転載禁止
広島の薮田和樹
 4月10日の阪神戦に先発し5回2/3を104球投げた広島の薮田和樹が、13日の巨人戦で異例の中2日でリリーフ登板した。

 7点ビハインドの6回からマウンドにあがった薮田は、1イニング目となった6回をわずか8球で三者凡退に打ち取る。しかし2イニング目となった7回、先頭の坂本勇人、吉川尚輝の連打で一、三塁のピンチを招くと、3番・ゲレーロに適時二塁打を打たれ2点を失った。

 同日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-広島戦』で解説を務めた野村弘樹氏は薮田の投球について「今日はリリーバーとして出てきましたけど、ちょっと心配ですね。ストライクとボールがはっきりしている」と心配し、「腕の振りが弱いので球威が感じない。コントロールが悪いということで(腕が)緩んでしまっているのか…」と指摘した。

 昨季15勝を挙げリーグ連覇に貢献した薮田。オープン戦から苦しい投球が続いているが、早期復調が待たれる。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM