ニュース

DeNA、6連勝で単独首位!ラミレス監督「スモールベースボールができた」

無断転載禁止
DeNAのラミレス監督
2018.04.13 18:00
横浜DeNAベイスターズ 6 終了 5 中日ドラゴンズ
横浜
 DeNAは13日の中日戦に6-5で勝利し単独首位に立った。

 2点を追う7回、中日のセットアッパー・又吉克樹を“スモールベースボール”で攻略した。先頭の代打・乙坂智が11球粘って四球で出塁すると、続く9番・倉本寿彦の適時二塁打で1点差に迫る。1番・神里和毅のセーフティーバントが決まり無死一、三塁。一塁走者の神里は2番・大和の初球に盗塁を成功させ二、三塁となり、ここで大和が適時打を放ち同点に追いつく。

 一死後、4番・ロペスの内野ゴロの間に三塁走者の神里が俊足を飛ばし、逆転のホームを踏んだ。このリードをパットン、井納翔一のリレーで逃げ切り、DeNAは連勝を6に伸ばした。

 ラミレス監督は、「相手はリーグを代表するリリーフピッチャー。そのピッチャーから逆転できたことは非常に嬉しく思います」と話し、「乙坂が先頭で四球で出て、倉本の二塁打で点を取った。その後、神里のバントでスピードを使った野球。スモールベースボールができたことが勝因として大きかった」と勝利の要因に7回の攻撃を挙げた。

 昨季はリーグワーストの盗塁(39)だったが、今季はここまでリーグトップの16盗塁を記録する。“スモールベースボール”が浸透しているDeNAの野球から目が離せない。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM