ニュース

ヤクルト石川、粘投で今季2勝目 阪神は打線振わず3連敗、初の完封負け

無断転載禁止
阪神戦に先発したヤクルト・石川=甲子園(C)KYODO NEWS IMAGES
2018.04.14 14:00
阪神タイガース 0 終了 6 東京ヤクルトスワローズ
甲子園
● 阪神 0 - 6 ヤクルト ○
<2回戦 甲子園>

 ヤクルトが先発・石川の粘投もあり完封勝ち。対する阪神は打線が振るわず、今季初の完封負けで3連敗となった。

 石川は立ち上がりから丁寧な投球。3回まで2四球を与えながらも、無安打投球を続けた。4回に先頭の3番糸井に右前打を許したが、続くロサリオを狙い通りの投ゴロ併殺。二死から連打と四球で満塁とされたが、8番梅野を右飛に退けた。

 先制してもらった直後の6回は、四球と二塁打で一死二、三塁のピンチ。ここで6番糸原を一ゴロに打ち取ると、7番大山を迎えたところで、ベンチは継投策を選択。代わった近藤は、大山を空振り三振に仕留めた。

 リードが広がった7回以降は、秋吉、石山、カラシティーが1イニングすつを無失点。石川の今季2勝目を完封リレーで飾った。

 打線は0-0の6回、3番バレンティンの適時二塁打で先制。7回は7番坂口が1号ソロを右翼席へ運び、貴重な2点目を加えた。8回以降は相手のミスにも乗じ4点を追加。7安打に四球を絡めながら、効率よく6点を奪った。

 阪神は左腕の石川対策として、右打者の俊介と山崎を1、2番でスタメン起用するも、揃って無安打。4番ロサリオは2度の併殺打に倒れるなど、5度の先頭打者出塁を活かせず完封負けを喫した。

 先発の秋山は7回2失点と好投するも、打線の援護なく2敗目(1勝)。阪神はこれで3連敗となり、通算6勝7敗で黒星先行となった。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西