ニュース

巨人・上原、2戦連続の救援失敗 二死から被弾&2二塁打、痛恨3失点

無断転載禁止
巨人・上原浩治=東京ドーム(C)KYODO NEWS IMAGES
2018.04.15 14:00
読売ジャイアンツ 4 終了 5 広島東洋カープ
東京ドーム

同点の7回に登板も、二死から3失点


 巨人の上原浩治投手が15日、広島との3回戦(東京ドーム)に救援登板。同点の7回を託されたが、二死から2番菊池に勝ち越しとなるソロ被弾。その後も2本の適時二塁打を浴び、2/3回3失点で降板した。

 巨人は先発の野上が6回2失点とゲームメイク。2-2の7回に、2番手・上原を投入した。ベテラン右腕は、先頭の代打・メヒアを空振り三振、1番田中は投ゴロに退けた。しかし、二死無走者で迎えた2番菊池に、甘くなったスプリットを左翼席へ運ばれた。

 勝ち越し弾を浴びたあと、3番丸には四球。その後、4番松山、5番エルドレッドには、立て続けに左翼への適時打二塁打を浴びた。上原は1/3回で3失点だった10日のDeNA戦(東京ドーム)に続き、2戦連続の3失点。またしても1イニングを投げ切ることなく、マウンドを降りた。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西