ニュース

広島・九里、4回途中4失点で降板 今季初先発も押し出し含む計5四球

無断転載禁止
広島の九里亜蓮
2018.04.17 18:00
広島東洋カープ 7 終了 4 東京ヤクルトスワローズ

2番手として薮田が登板


 広島の九里亜蓮投手が17日、ヤクルトとの4回戦(呉)に先発登板。今季初先発でローテ入りをアピールしたいとこだったが、初回に押し出し四球を与えるなど、4回途中4失点で降板した。

 九里は初回、先頭の山田哲に二塁打を浴びると、一死一、三塁となったあと、4番青木に先制となる中犠飛を許した。その後、安打と四球で二死満塁となり、7番坂口には2失点目となる押し出し四球を献上した。

 広島打線はその直後、4番松山が2号2ランを左翼席へ運びすかさず同点。2回にも1番田中が2点適時打を右前へ運び、4-2と勝ち越しに成功した。

 打線の援護に応えたい九里だったが、4回は先頭の9番原に安打を許したあと、続く山田哲に同点となる3号2ランを浴びた。さらに一死から、バレンティンにこの試合5つ目の四球を与え、ベンチは堪らず継投策を決断。2番手としてローテを外れた薮田が登板し、連打を許しながらも後続を無失点に抑えた。

 九里は3回1/3までに95球を投じ、6安打5四球4失点の内容。首脳陣の期待と打線の援護に応えられず、今季初勝利の権利を得ることができなかった。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西