ニュース

巨人・吉川尚の犠打失敗に江本氏「基本が…」

無断転載禁止
巨人・吉川尚輝(C)KYODO NEWS IMAGES
 巨人の吉川尚輝が17日のDeNA戦、送りバントをする場面で、きっちりと送ることができなかった。

 初回先頭の坂本勇人が二塁ベース直撃の安打で出塁すると、2番・吉川尚は送りバントを試みるも捕飛に倒れる。3回も先頭の坂本がレフト前ヒットで出塁。この打席も吉川尚はバントの構えをするも、初球と2球目のバントをファウル。結局3ボール2ストライクからの8球目に空振り三振。スタートを切っていた坂本も盗塁失敗に終わった。

 17日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター DeNA-巨人戦』で解説を務めた江本孟紀氏は三振併殺に「野球が下手ですよね。2番打者というのは打率じゃなくて貢献度ですよ。どうやってランナーを進めたとかね。そういう芸のできる人を2番に置かないと。細かいことができないのであれば、ヒットを打っていくしかない」とコメント。

 さらに吉川尚のバントの構えに「打ちにいっている感じなんですよね。もっとじっくり置いて、目の近いところに構えてやる。基本がもともとできていないんですよね」と厳しかった。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM