ニュース

江本氏、巨人打線に「1、2回の攻撃をなんとかしないと」

無断転載禁止
ニッポン放送ショウアップナイターで解説を務める江本孟紀氏
 巨人は17日、先発・山口俊の完投で首位・DeNAに3-2で勝利した。

 1点差で勝利したが、チグハグな攻撃が目立った。初回、先頭の坂本勇人が安打で出塁するも、2番・吉川尚輝が捕飛。3番・ゲレーロ、4番・マギーと続くクリーンナップを前に得点圏で回すことができず、結局この回は無得点。

 同日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター DeNA-巨人戦』で解説を務めた江本孟紀氏は初回の吉川尚の犠打失敗に「問題はこういうところですよね。きちっとバントができていない。バントの数も少ないと思うんですよ。ただ打つだけ。ヒットは出るけど繋がっていかない」とコメント。

 2回も先頭の岡本和真が二塁打で出塁するも、続く亀井善行が右飛に倒れ、この回も得点できなかった。江本氏は「これも悪くてもゴロを打ってランナーを進めるとか。こういうところでポンポン打っていくだけなので、結果的に点が入らない」とバッサリ。

 3回は二死からゲレーロに一発が出たが、先頭の坂本が安打で出塁するも、2番・吉川尚が三振併殺に倒れていた。1点を追う6回に亀井の逆転2ランが飛び出すも、打線全体で見ると繋がりを欠いた印象だった。

 江本氏は試合後「たまたまゲレーロと亀井に(一発が)出ましたけど、そう簡単にいかないですよ。1、2回の攻撃をなんとかしないといけない。最悪取れなくてもスコアリングポジションに置いといてという攻撃が出てこないと、この後しんどいですよ。ジャイアンツの攻撃は上向いてでてくるか何試合か見ないといけないですね」と指摘した。

 巨人打線の課題点を挙げた江本氏だったが、「チームに一つの道筋を山口が今日は作った。打線も回ってくる気がしますけどね」とこの勝利が打線復調のきっかけになるのではないかと話した。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM