ニュース

逆転負けの中日、今季2度目の4連敗 柳4失点、ミス絡みで崩れ2敗目

無断転載禁止
阪神戦に先発した中日・柳=ナゴヤドーム(C)KYODO NEWS IMAGES
2018.04.18 18:00
中日ドラゴンズ 3 終了 4 阪神タイガース
ナゴヤドーム
● 中日 3 - 4 阪神 ○
<4回戦・ナゴヤドーム>

 阪神が先発・メッセンジャーの力投もあり2連勝。中日は先発・柳がバックのミス絡みで崩れ、6回途中4失点で2敗目(1勝)を喫した。

 前回登板でプロ初完封勝利を挙げた柳は、この日も立ち上がりから安定。ピンチでも慌てることなく、快調にゼロを並べた。しかし1点リードの6回、先頭の3番糸井に右前打を許すと、続くロサリオは2球で追い込みながら、3球目の甘くなった直球を中堅後方へ運ばれた。

 無死二、三塁とされ、中日内野陣は同点覚悟の定位置での守り。柳は5番福留を一ゴロに仕留めたが、一塁・ビシエドは間に合わない本塁送球を選択し、これが大きく逸れる悪送球となった。この間、三走・糸井に続き、二走・ロサリオもホームイン。中日は思わぬ形で逆転を許した。

 続く糸原に中前打でつながれたあと、一死一、三塁から、8番梅野にはセーフティスクイズを決められた。さらに、相手先発の9番メッセンジャーにも右前適時打を許し、柳はここで降板。右腕は5回2/3を投げ、7安打5奪三振2四球の内容。ミス絡みで崩れ、一挙に4点(自責点2)を失った。

 打線は初回、6番亀沢の適時内野安打で先制。亀沢は6回にも右前適時打を放ち、3安打2打点と気を吐いた。2点を追う9回は代打・藤井の犠飛で1点差に迫るも、あと1点届かず。中日は開幕4連敗に続き、早くも今季2度目の4連敗となった。

 阪神は6回、4本の長短打に小技も絡め一挙4得点。メッセンジャーは6回4安打2失点(自責点1)の好投で、今季3勝目(1敗)を手にした。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西