ニュース

ヤクルト、7回に守備のミスから失点…真中氏「もったいない」

無断転載禁止
7回広島二死一塁、打者田中のとき代走安部が二盗。捕手の送球がそれた間に生還する。遊撃手広岡=マツダ(C)KYODO NEWS IMAGES
 1-2の7回にヤクルトは守備のミスから痛い失点があった。

 1点を追う7回からマウンドにあがった秋吉亮は簡単に二死を奪ったが、代打・エルドレッドに死球を与える。ここで広島ベンチはエルドレッドに代え、代走に安部友裕を送った。秋吉が続く田中広輔に投じた4球目に、一塁走者の代走・安部がスタート。ヤクルトバッテリーはピッチアウトして、捕手・中村悠平は安部を刺しにいくも、送球はベースカバーに入った遊撃・広岡大志の頭を越えていく。さらに中堅・青木宣親の横へ抜けていき、安部の生還を許してしまった。

 この失点に18日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 広島-ヤクルト戦』で解説を務めた真中満氏は「(センターの)青木がセカンドのカバーに来たんですけど、ちょっと前に来ていたんですよね。前にきすぎていて、横のボールに反応できなくて抜かれたという形。カバーに遅れたとかではないんですけど、広いカバーリングをしなければいけなかったところ、前にきすぎた」と解説。

「もったいないプレーですよね。7回ですし、気持ち的にキツイ1点ですね。横に外して、セカンドへ投げたボールが逸れた。カバーリングが失敗した形ですから、ベンチからしたらどうしたんだ今のプレーはとなりますよね」と続けた。

 試合後、小川淳司監督はこの失点に「バッテリーがしっかり外したけど、この辺りはしっかり徹底していかないといけない部分」と反省した。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM