ニュース

阪神・金本監督、5回6失点の藤浪は「見ての通り」

無断転載禁止
2回、巨人に先制を許した阪神・藤浪(左)と捕手梅野=甲子園(C)KYODO NEWS IMAGES
 阪神の藤浪晋太郎は20日、巨人戦に先発し5回、9安打、10奪三振、6四死球、6失点で今季初黒星を喫した。

 前回登板のヤクルト戦で7回1失点に抑え復調の兆しを見せた藤浪だったが、この日は2回に先頭の岡本和真に四球を与えると、一死一、二塁から小林誠司に適時打を浴び失点。3回は満塁のピンチを作るも無失点で切り抜けたが、4回は吉川尚輝、ゲレーロに適時打を打たれ3点を失った。さらに5回にも坂本勇人に2点適時打を浴び、藤浪はこの回が終わったところでマウンドを降りた。

 試合後、金本知憲監督は藤浪の投球について「見ての通りです。悪いところがでた」とコメント。5回まで投げさせた理由について「リリーフのことを考えないといけないですから」と話し、「あれだけボールを続けられると、守備も緩みのようなものが出てしまう。ブルペンも何度も肩を作らなきゃいけないし大変になる」と続けた。

 藤浪の次回登板について金本監督は「どうだろうね。今から考えます」と話した。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM