ニュース

6番大谷、チーム初安打となる中前打 内角攻めに屈さず巧打披露!

無断転載禁止
エンゼルスの大谷翔平

前日は3三振含む4-0も、2戦ぶり安打!


 エンゼルスの大谷翔平選手が現地時間20日(日本時間21日)、本拠地でのジャイアンツ戦に「6番・指名打者」で先発出場。2回の第1打席で鮮やかな中前打を放ち、チーム初安打を記録した。

 大谷は0-1で迎えた2回、二死無走者の場面で登場。メジャー通算68勝を挙げているジャイアンツの先発右腕・サマージャから、執拗な内角攻めを受けた。それでも、追い込まれたあとの沈む変化球に反応。上手くバットに合わせた打球は、クリーンヒットで中堅手前へ達した。

 エンゼルスにとって、これがチーム初安打。続くシモンズは三直に倒れ、得点にはつながらなかったが、大谷は野手出場2戦ぶりとなる安打をマークし、この時点で打率を.343とした。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西