ニュース

里崎氏、DeNA・倉本の8回の打撃に「待ってもよかった」

無断転載禁止
DeNAの倉本寿彦
 22日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター ヤクルト-DeNA戦』で解説を務めた里崎智也氏が、DeNA・倉本寿彦の8回の打撃について言及した。

 DeNAは2点を追う8回、先頭の桑原将志、代打・中川大志の連打で無死一、三塁の好機を作ると、ここで打席には試合前まで得点圏打率.462の9番・倉本寿彦。倉本は初球のチェンジアップを打ち返すもセカンドゴロダブルプレー。その間に三塁走者が生還し1点を返した。

 里崎氏は初球ダブルプレーの倉本に対し「もうちょっと待ってもよかったかな。カラシティーだと(一塁走者の代走)宮本は盗塁できるんじゃないかなという感じがしましたしね」と話し、「慌てて打ちにいってボテボテなのであれば、 もうちょっと余裕をもっていっても作戦面で色々できたかなという感じがありましたね」と続けた。

 倉本がダブルプレーに倒れた後、1番・神里和毅が四球を選んだが、大和が二飛に倒れ、この回に奪った得点は1点のみ。その裏、リリーフ陣が山田哲人に2ラン、西浦直亨に適時打を打たれ4点を失い試合が決まってしまった。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM