ニュース

【月間MVP】セは助っ人外国人が本命か?!3・4月度の候補者が発表

無断転載禁止
中日の新外国人・アルモンテ
 セ・パ両リーグは23日、3・4月に最も活躍した投手と打者に贈られる「日本生命月間MVP賞」の候補選手を発表した。

 投手部門ではブキャナン(ヤクルト)が防御率部門でトップに立っているが、勝ち星では3勝のメッセンジャー(阪神)がトップに立っており、防御率も1点台と安定している。三振数では菅野智之(巨人)が27個の奪三振を奪っているが、防御率3.60の2勝2敗という成績。規定投球回には達していないものの、DeNAの山﨑康晃も防御率0.00の8セーブと“守護神”として存在感を示している。

 一方、打撃部門では、新外国人のアルモンテ(中日)が圧倒的な打率を記録。本塁打も丸佳浩(広島)やロペス(DeNA)の5本に次ぐ4本塁打、打点も岡本和真(巨人)の18打点に次ぐ16打点と、各部門で圧巻の成績を残している。

 受賞選手の発表は5月9日(火)に行われる予定。今後の活躍次第で候補選手以外の選手が受賞する可能性もある。なお、セ・リーグの候補選手は以下のとおり。


セ投手部門候補(4/22時点)


▼ブキャナン(ヤクルト)
・防御率1.61
・4試合2勝0敗
・20奪三振

▼東 克樹(DeNA)
・防御率1.83
・3試合2勝1敗
・22奪三振

▼メッセンジャー(阪神)
・防御率1.99
・4試合3勝1敗
・22奪三振

▼山口 俊(巨人)
・防御率2.45
・3試合2勝0敗(完投1)
・23奪三振

▼ジョンソン(広島)
・防御率2.89
・4試合2勝1敗
・14奪三振

▼大瀬良大地(広島)
・防御率3.13
・4試合2勝0敗
・20奪三振

▼菅野智之(巨人)
・防御率3.60
・4試合2勝2敗(完投1)
・27奪三振

▼野上亮磨(巨人)
・防御率3.65
・4試合2勝1敗
・17奪三振

▼山崎康晃(DeNA)
・防御率0.00
・8試合0勝0敗8セーブ
・11奪三振


セ打者部門(4/22時点)


▼アルモンテ(中日)
・20試合75打数27安打
・打率.360
・4本塁打
・16打点
・0盗塁

▼丸 佳浩(広島)
・21試合67打数22安打
・打率.328
・5本塁打
・14打点
・3盗塁

▼福留孝介(阪神)
・18試合61打数20安打
・打率.328
・2本塁打
・8打点
・0盗塁

▼坂本勇人(巨人)
・20試合83打数27安打
・打率.325
・0本塁打
・11打点
・2盗塁

▼坂口智隆(ヤクルト)
・19試合63打数20安打
・打率.317
・1本塁打
・7打点
・2盗塁

▼宮崎敏郎(DeNA)
・18試合67打数21安打
・打率.313
・3本塁打
・9打点
・0盗塁

▼ロペス(DeNA)
・18試合71打数22安打
・打率.310
・5本塁打
・10打点
・0盗塁

▼岡本和真(巨人)
・20試合74打数22安打
・打率.297
・4本塁打
・18打点
・1盗塁
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西