ニュース

侍ジャパンU-23代表の監督&投手コーチが決定

無断転載禁止
 NPBエンタープライズは23日、今秋にニカラグアで開催される「第2回 WBSC U-23 ベースボールワールドカップ」に出場する侍ジャパンU-23代表の監督に、トップチームの稲葉篤紀監督が就任したことを発表した。

 稲葉監督は今回の就任を受け、「若い選手たちとともに戦う侍ジャパンU-23代表の監督を任せていただき光栄です。また、私の目標である“東京オリンピックでの金メダル獲得”の実現には、監督として国際大会を戦う経験を積み上げていくことは重要であると考えており、このような機会をいただけたことに感謝しております」とコメント。「初めて海外で指揮を執ることとなりますが
日の丸を背負って戦うことの誇りを胸に、しっかりと戦いたいと思います」と意欲を示した。

 また、投手コーチには同じくトップチームを指導している建山義紀コーチが就任。「短期決戦の国際大会においては投手起用や継投策が勝敗を分けるカギとなることから、しっかりと準備をして大会に臨むとともに、実際の試合を通して選手たちが成長できるように指導してきたい」と意気込みを語った。

 「第2回 WBSC U-23 ベースボールワールドカップ」は2018年10月19から同28日にかけてニカラグアで開催。同大会は2年に1度開催され、侍ジャパンU-23代表は、前回大会の王者として連覇に挑む。
 
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西