ニュース

“恐怖の8番打者”巨人・小林が4打点!「練習しかない」

 “恐怖の8番打者”巨人・小林誠司が、30日のヤクルト戦で2安打4打点の活躍で勝利に貢献した。

 0-0の2回二死二、三塁の第1打席、ヤクルト先発・館山昌平のストレートを捉えた打球は、高くバウンドしレフトへ先制の2点適時打となった。5点リードの7回無死満塁の第3打席は、梅野雄吾のストレートをレフトへ弾き返す2点適時二塁打を放った。

 小林は「色んな人にアドバイスをもらって、良い打席を続けられるように練習をしている。それを続けられるように練習したいと思います。練習しかないと思っているので、準備もしっかりしたいと思います」と謙虚な姿勢を見せた。

 高橋由伸監督は小林の打撃について「ランナーがいるところでラッキーな当たりだったかもしれませんけど、強く打てたからこそ野手の頭を越えたのかなと思います」と2回の先制2点適時打を振り返った。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM