ニュース

中日、投手陣が踏ん張り延長戦制す 阪神は上本の3戦連続猛打賞も実らず

無断転載禁止
中日の谷元圭介
2018.05.04 14:00
阪神タイガース 1 終了 5 中日ドラゴンズ
甲子園
● 阪神 1 - 5 中日 ○
<6回戦・甲子園>

 中日投手陣が奮投し、延長戦に勝利。阪神は守備の乱れから失点を重ね、連勝は「3」で止まった。

 中日は投手陣が好投。中5日で先発した小笠原は、6回6安打1失点(自責0)とゲームメイク。その後は、祖父江、鈴木博、谷元、田島が無失点でつなぎ、4番手の谷元が今季2勝目を手にした。

 打線は3回、3番アルモンテの適時打で先制。11回は敵失をきっかに二死満塁とすると、代打・モヤが決勝点となる押し出し四球を選んだ。なおも続く1番大島が、走者一掃の適時二塁打を中堅後方へ。一気に5-1と阪神を突き放した。

 阪神は打線が機能せず、9安打で1得点。好調の1番上本が3試合連続猛打賞をマークしたが、3番糸井、4番ロサリオが揃って無安打に倒れた。11回は、一塁・山崎の失策をきっかけに4失点。押し出し四球を与えた藤川が1敗目(1勝)を喫した。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西