ニュース

広島がリーグ20勝一番乗り!山本昌氏「やっぱり強い」

無断転載禁止
8回、2ランを放った菊池を迎える大瀬良(右端)ら広島ナイン=神宮(C)KYODO NEWS IMAGES
2018.05.05 18:00
東京ヤクルトスワローズ 1 終了 10 広島東洋カープ
神宮
● ヤクルト 1 - 10 広島 ○
<8回戦・神宮>

 首位・広島は投打が噛み合い、ヤクルトに10-1で勝利。リーグ1番乗りで20勝を挙げた。

 打線は初回二死二塁から鈴木誠也の適時打で幸先よく先制すると、2回にエルドレッドの第5号ソロ、菊池涼介の3点適時二塁打で、この回4点を奪いリードを広げる。勢いが止まらない広島打線は4回に会沢翼の第2号ソロ、5回に安部友裕の適時打が飛び出すと、8回には菊池の第5号2ラン、バティスタの第5号ソロで試合を決めた。

 投げては先発・大瀬良大地が毎回のように走者を背負うも、失点は5回に山田哲人に打たれた本塁打のみ。9回を1人で投げ抜き、広島の投手陣では今季初完投勝利となった。

 5日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター ヤクルト-広島戦』で解説を務めた山本昌氏は「(2試合)連続で無様な試合はしないですよね」と振り返り、「シーズン始まる前は良くも悪くも現状維持という評価でしたけど、連覇しているチーム。やっぱり強いなと思いますよね」と3連覇を目指す広島の強さを改めて感じたようだ。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM