ニュース

【西武】源田の初プロデュース弁当が登場!「永遠に食べられます!」

無断転載禁止
源田選手の明るい雰囲気を表した楽しげなパッケージデザイン
 埼玉西武ライオンズは7日、5月11日(金)にメットライフドームで行われる千葉ロッテマリーンズ戦から、源田壮亮の初プロデュース弁当「源田の#箸とまらん弁当」の発売を開始すると発表。今回の「源田の#箸とまらん弁当」は、同選手の出身地である大分県の名物料理「とり天」がたっぷり入ったお弁当になっている。

 「地元を知ってもらえるようなお弁当にしたい」という源田の意見により、とり天のタレには大分名産の「かぼす」を使用。その他にも、鶏つくねや高菜明太等、ご飯が進むおかずが入っており、本人も納得のお弁当に仕上がったとのこと。

 実際に試食した源田も「おいしい!永遠に食べられます!」とコメント。パッケージデザイン同様、商品名も、ツイッターなどで流行し、源田の好プレーを称える際に用いられた「#源田たまらん」を文字った「源田の#箸とまらん弁当」という遊び心のあるものになっている。今後はSNS上に「#箸とまらん弁当」というハッシュタグと共に「源田の#箸とまらん弁当」の画像が投稿されるのかにも注目だ。


ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西