ニュース

中日、藤井が決勝打&鈴木博2勝目 アルモンテは打率トップ浮上!

無断転載禁止
中日の鈴木博志
2018.05.09 18:00
中日ドラゴンズ 3 終了 2 東京ヤクルトスワローズ
金沢
○ 中日 3 - 2 ヤクルト ●
<8回戦・金沢>

 中日が連敗を2でストップ。8回裏に6番藤井が決勝適時打を放ち、8回表を無失点に抑えた鈴木博がプロ2勝目を手にした。

 中日は1点を追う3回、二死から3番アルモンテが二塁打を放つと、続くビシエドが中前適時打を放ち同点とした。5回も二死からアルモンテが二塁打を放ち、4番ビシエドが勝ち越しとなる適時二塁打。アルモンテは4打数3安打で打率を.368へ上げ、巨人・坂本勇を抜き打率リーグトップに躍り出た。

 2-2の8回は、先頭の5番福田が三塁打で出塁。続く藤井が左前適時打を放ち、3-2と勝ち越した。

 先発の吉見は6回2安打1失点と好投。1点リードの7回、2番手の祖父江が同点に追いつかれたが、8回は二死満塁のピンチを鈴木博が何とか凌ぎ、直後に勝利投手の権利が転がり込んで来た。1点リードの9回は、田島が締め7セーブ目(2敗)。投手陣は計9四球と制球に苦しんだが、何とか要所を締めた。

 ヤクルトは2回、8番古賀のスクイズで先制点を奪うも、中盤以降は拙攻が目立ち同点止まり。2失点の先発・原は、いずれも二死無走者から失点し、6回途中で降板。8回に決勝点を奪われた3番手・近藤が、今季2敗目を喫した。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西