ニュース

巨人・吉川光、6回途中1失点で2勝目 佐々木氏「不思議なピッチャー」

無断転載禁止
巨人・吉川光=東京ドーム(C)KYODO NEWS IMAGES
○ 巨人 3 - 1 阪神 ●
<8回戦・東京ドーム>

 9日の阪神戦に先発した巨人の吉川光夫は、6回途中3安打1失点に抑え今季2勝目を挙げた。

 吉川光は阪神打線を4回まで2安打無失点に抑えていたが、2-0の5回に先頭の糸原健斗に四球を与えると、一死後、梅野隆太郎に適時二塁打を打たれた。メッセンジャーを空振り三振、俊介を右飛に仕留め、なんとか最少失点で切り抜けた。

 6回は突然ストライクが入らなくなり、先頭の2番・植田海、3番・糸井嘉男に連続四球。4番・ロサリオを迎えたところで高橋由伸監督は、吉川光から沢村拓一にスイッチした。このピンチに沢村は、ロサリオを遊直、福留孝介を空振り三振、糸原を三邪飛に仕留め、得点を許さなかった。

 続く7回も沢村が0に抑えると、8回・マシソン、9回・カミネロの必勝リレーで逃げ切った。

 同日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-阪神戦』で解説を務めた佐々木主浩氏は、吉川光について「凄くいいピッチングをしているんですよ」と評価しながらも、「毎回5回からですよね。不思議なピッチャーですね」と印象を語っていた。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM