ニュース

佐々木氏、阪神・ロサリオは「打ち損じるというか…」

無断転載禁止
阪神のロサリオ
 9日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-阪神戦』で解説を務めた佐々木主浩氏が、阪神の4番・ロサリオについて言及した。

 8日の巨人戦で看板直撃の本塁打を放ったロサリオだが、いまひとつ調子があがってこない印象だ。9日の巨人戦では第1打席が遊ゴロ、第2打席が三ゴロ、第3打席が遊直、第4打席が中飛に倒れ、4打数0安打に終わった。

 佐々木氏は三ゴロに倒れたロサリオの第2打席について「1打席目もそうなんですけど、2打席目も甘い真っ直ぐなんですよね。それを打ち損じるというか、ゴロになっています。4番打者であれば上手く(フライを)上げて欲しいですよね」と注文を入れた。

 「日本のピッチャーはコントロールもいいですし、(打者に)ウィークポイントがあればどんどん攻めてくる。変化球のキレもそうですし、(日本の投手に)慣れてきたときにどういうバッティングをするかだと思いますね。これからだと思いますよ」。ロサリオの打撃が上向くまでにはもう少し時間がかかりそうだ。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM