ニュース

佐々木氏が語るイニングまたぎの難しさ

無断転載禁止
ニッポン放送ショウアップナイターで解説を務める佐々木主浩氏
 9日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-阪神戦』で解説を務めた佐々木主浩氏が、リリーフ投手のイニング跨ぎの難しさについて語った。

 同日に行われた阪神戦、1点リードの6回無死一、二塁の場面で、巨人・沢村拓一がマウンドへ。沢村はロサリオを遊直、福留孝介を空振り三振に仕留めると、最後は糸原健斗を三邪飛に打ち取りピンチを脱した。

 沢村は続く7回もマウンドにあがるも、連打で無死一、二塁のピンチを招いてしまう。しかし、二塁走者の大山をけん制でタッチアウトにすると、高山俊を一ゴロ、俊介を空振り三振に抑えた。

 佐々木氏は「前の回に無死一、二塁を抑えているんですよね。気持ち的にはいっぱい、いっぱいなんですよ。引っ張るというのは、投げている沢村は結構しんどいと思います」と自身の経験を踏まえイニング跨ぎの難しさを述べた。

 「これが1/3イニングでも一緒なんですよ。そこに全部力を使っているので」と、ピンチを抑えた後、再び気持ちをリセットして次のイニングを投げることはどの状況でも難しいようだ。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM