ニュース

バファローズポンタが生「おりほー!」!?二次元からリアルへ

無断転載禁止
会見に臨んだポンタ©オリックス・バファローズ

チームと共に巻き返しを図る


 オリックスは8日、京セラドーム大阪で新企画『バファローズポンタ∞チケット』に関する会見を実施。緊急来阪したバファローズポンタも会見に出席した。

 2016年シーズンに登場したバファローズポンタは、その愛くるしい容貌とエッジの効いたツイートで人気に。バファローズファンのみならず野球ファンのハートも掴み、ツイッターのフォロワー数は27万5000人を超える。絵師さんの“体力の限界”を理由に、今シーズンから各カードの初戦のみツイートすることになったが、オリックスは開幕から8カード連続でカード頭を落としていたため、歓喜の「おりほー!」ツイートができず、ファンからもポンタを心配する声があがっていた。

 しかし、4月28日に行われたソフトバンク3連戦の初戦で勝利を収め、近鉄のビジターユニフォームを着用したパパポンタが「3-1!Fooooooo!ORIHOOOOOOO!!!!!!」と、今年初の勝利ツイートをすると、3カード連続で初戦を制し、「おりほー!」ツイートも巻き返しを図っている。



新企画がスタート


 今回はポンタを開発した株式会社ロイヤリティマーケティングとのコラボ企画として、「バファローズポンタ∞チケット」を8のつく主催試合の開催日5試合で販売。購入特典として<非売品のグッズ>と<Pontaポイント>が88ポイント付与される。88という数字は、ポンタの背番号∞(無限大)にちなんで決めたとのこと。

 オリックスとしても「バファローズポンタはツイッター上のイラストという二次元の世界で京セラドームやほっともっとフィールド神戸をはじめ、各地の球場にバファローズを応援に行くシーンを試合結果に合わせたツイートを行う事で、その表情や行動が愛くるしいという支持を頂きファンを増やして来ました。是非その二次元をリアルに置き換え、京セラドームに足を運んで頂く事で一体感を持ってもらえたら」と、今回の企画チケットについて説明。バファローズポンタ開発チームも「今年はファンの皆さんにこちらから寄り添っていきたい」と話しており、それがひとつの形になった格好だ。




リアルぽんた!?


 オリックスの事業本部営業部営業第2グループの北浦グループ長は「皆様覚えていらっしゃいますでしょうか?2年前、我々バファローズがなかなか調子が上がって来ない中、タヌキは「他を抜かす」という縁起の良さのふれ込みでバファローズポンタはベンチ入りしました。一昨年の順位は……。(ポンタに向かい)今年は、今日からのホーム6連戦含め、特にバファローズポンタチケットの試合日はお願いしますよ!」と隣りにいるポンタに注文をつけ、司会者から感想を求められたポンタは、「おりほー!」と初リアクション。これには報道陣から笑いが起こった。

 8日の主催試合ではファンと「おりほー!」と一緒に叫びたいというポンタは、微妙な空気感を読んだ司会者から強引に会見を終わらせられると、「おーまいがっ!」と言葉を発して、寂しげな背中を見せながらひょこひょことインタビュールームを後にした。

 ちなみに、8日の日本ハム戦でも初戦に勝利し、ポンタが喜びのあまり宇宙に飛び出すツイートがされている。オリックスは今後もバファローズポンタ開発チームとのコラボ企画を考えており、会見にもあったように、今年はSNSだけではなく、二次元からリアルにというテーマのもと、球場でポンタと触れ合う機会も増えるのではないだろうか。ポンタのユニフォームが脱がされないようにチームにはカード頭を引き続き勝ち続けてもらいたい。


取材・文=どら増田
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西