ニュース

里崎氏、巨人・菅野の9回の投球に「勝ち方にこだわった高いレベル」

無断転載禁止
今季2度目の完封で4勝目を挙げ、捕手小林(左)と握手を交わす巨人・菅野=東京ドーム(C)KYODO NEWS IMAGES
 巨人のエース・菅野智之が、今季2度目の完封勝利で4勝目を挙げた。

 菅野は2回の5番・福田永将から4回の2番・京田陽太にかけて、7者連続三振を奪うなど、5回まで2安打無失点に抑えるピッチング。6回以降もスコアボードに0を並べていき、完封を目指し9回のマウンドへ。

 9回は先頭の大島洋平に三塁打、一死後、3番・アルモンテに四球を与え、一、三塁のピンチを招いたが、4番・ビシエドをスライダーで空振り三振に仕留めると、最後は福田を三ゴロで完封勝利を飾った。

 11日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-中日戦』で解説を務めた里崎智也氏は「最後はただ勝つだけじゃなく、勝ち方にこだわった高いレベルのピッチングに見えました」と絶賛。

 「完封するんだという気迫のこもったピッチングと、それを実現してしまう投球能力。改めて菅野の凄さを目の当たりにしましたね。本当に見る価値のある素晴らしいピッチングでした」と舌を巻いた。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM