ニュース

DeNA・ソト、今後も2番で出場か ラミレス監督「変える必要はない」

無断転載禁止
DeNAのソト
 DeNAの強打の2番打者・ソトが11日のヤクルト戦、チームは3-7で敗れたが、本塁打を含む3安打3打点と一人気を吐いた。

 『2番・右翼』で出場したソトは2点を追う6回の第3打席、ヤクルト先発・ブキャナンのストレートをDeNAファンが待つライトスタンドへ放り込んだ。7回二死二、三塁の第4打席ではレフト前に2点適時二塁打。ソトは初回の第1打席で左安を放っており、来日後初めて猛打賞を記録した。

 ラミレス監督は「本当に良い。チームにとっては大きな、大きなインパクトになっている。その事実を無視することはできない」と初出場から3試合連続で複数安打を記録するソトを評価。

 記者団から今後も2番・ソトの打順を変更しないのかとの問いには「今、2番であれだけ調子が良いので変える必要はないのかなと思う」とラミレス監督は今後も、ソトを2番で起用していくことを示唆した。

(取材・ニッポン放送アナウンサー洗川雄司)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM