ニュース

捕手出身の大矢氏、中日・アルモンテをどう料理する!?

無断転載禁止
中日のアルモンテ
 12日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-中日戦』で解説を務めた大矢明彦氏が、開幕から打撃好調が続く中日・アルモンテの攻め方について言及した。

 アルモンテは打率がリーグトップの.364、打点はリーグ2位の26打点、本塁打はリーグ7位の6本と、巨人へ移籍したゲレーロの穴を見事に埋めている。12日の巨人戦でも、試合を決定づける6号3ランを放った。

 現役時代捕手だった大矢氏は、好調・アルモンテを封じるために「アウトコース中心ですね。インサイド・ボール、アウトコースで出し入れし、勝負球もアウトコースになりますね」と外中心の配球になると話した。

 また、大矢氏はアルモンテの打撃を「言い方は良くないですけど、良いバッターを獲ったな感じさせるバッターですね。チームの期待通りに働いていますね。本当にハンドワークがいい。芯で捉えますよね」とべた褒めしていた。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM