ニュース

DeNA、東のプロ初完封で阪神戦初勝利 3安打の快投、セ防御率1位浮上!

無断転載禁止
阪神戦に先発したDeNA・東=甲子園(C)KYODO NEWS IMAGES
2018.05.16 18:00
阪神タイガース 0 終了 5 横浜DeNAベイスターズ
甲子園
● 阪神 0 - 5 DeNA ○
<6回戦・甲子園>

 DeNAは阪神戦今季初勝利(5敗)。先発のドラフト1位・東克樹が9回3安打無失点で3勝目(2敗)を挙げ、防御率1.70はリーグトップとなった。

 東は初回、四球と盗塁で一死二塁とされたが、3番糸井を見逃し三振、4番福留を中飛に退けた。2回以降は安定した内容。4回に一死から福留に初安打を許したが、続くロサリオ、糸原を打ち取り連打を許さなかった。

 中盤以降も快投は続き、5回以降もゼロ行進。100球を越えた9回もマウンドに登り、先頭からの連打で無死一、二塁したが、4番福留を遊ゴロ併殺、最後はロサリオを遊ゴロに退けた。

 打線は初回、スタメン復帰の1番桑原が無死三塁の好機を作ると、一死後、3番ロペスが中前適時打を放ち先制。3回は2番ソトの3号ソロで2点目を加えると、4回以降も6番田中浩の中前適時打、ロペスの2打席連続適時打で計5点を奪った。

 阪神は、東にプロ初完封を許し借金生活へ逆戻り。先発の岩貞は5回4失点(自責2)で今季初黒星(2勝)を喫した。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西