ニュース

どうした西武打線…最近7試合で4度目の完封負け

無断転載禁止
降板を告げられ、天を仰ぐ西武・十亀(右から2人目)=東京ドーム(C)KYODO NEWS IMAGES
2018.05.16 18:00
北海道日本ハムファイターズ 1 終了 0 埼玉西武ライオンズ
東京ドーム
○ 日本ハム 1 - 0 西武 ●
<7回戦・東京ドーム>

 日本ハムが、先発・上沢の4年ぶり完封で2連勝。西武は最近7試合で1勝6敗、そのうち4試合が完封負けと打線が振るわず、日本ハムに2.5ゲーム差に迫られた。

 西武は序盤から打線がつながらず、上沢の前に無得点。5回は先頭の7番栗山が四球で出塁したが、続く岡田が送りバントを決められず、この回も得点できなかった。6回以降は3イニング連続3者凡退。0-1の9回は2番源田、3番浅村の連打で無死一、二塁としたが、4番山川は空振り三振、続く森、外崎は、いずれも内野ゴロに倒れた。

 上沢の前に4安打しか放てず、右腕に4年ぶり2度目の完封勝利を献上。西武は前夜も9安打無得点で敗れており、これで8日、9日のソフトバンク戦に続く、今季2度目の2試合連続の完封負けとなった。

 先発の十亀は、上沢に負けぬ好投を見せたが、7回に中堅・秋山、右翼・木村の交錯から失点(記録は秋山の失策)。7回途中2安打1失点(自責0)の力投虚しく、今季5敗目(2勝)を喫した。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西