ニュース

ドジャース、6連敗で最下位転落 マーリンズに負け越し借金10

無断転載禁止
戦列に復帰したドジャースの正三塁手、ジャスティン・ターナー
○ マーリンズ 6 - 5 ドジャース ●
<現地時間5月16日 マーリンズ・パーク>

 マーリンズの田沢純一投手が16日(日本時間17日)、本拠地でのドジャース戦に救援登板。一死しか奪えず1/3回で降板したが、チームは勝利した。対するドジャースは、6連敗で借金10。パドレスを勝率で下回り、ナ・リーグ西地区の最下位に転落した。

 田沢は5-1で迎えた6回に2番手として登板。先頭の2番ペダーソンに中越え二塁打を許すと、続くターナーは右飛に仕留めたものの、タッチアップで一死三塁とされた。4番グランダルには、右前適時打を許し失点。さらに、続くベリンジャーには右翼線への二塁打を浴び、一死二、三塁とされたところで降板となった。

 3番手のステッケンライダーが連続適時打を許し、田沢の自責点は3。1/3回、3安打3失点の内容で、防御率は8.05となった。マーリンズはその裏、2番リアルミュートが決勝弾。7回以降はリリーフ陣が無失点で締め、2連勝とした。

 ドジャースは、投手陣が踏ん張れず6連敗。ターナーが復帰した打線は6回に4点差を追いついたが、7回以降は得点できなかった。

 エース・カーショー、正遊撃手・シーガーらを故障で欠き、苦しい戦いが続くドジャース。通算16勝26敗は、オフに主力を大量放出したマーリンズと、まったく同じ成績となった。17日(同18日)の同カードには、前田健太が先発予定。チームを鼓舞する好投に期待したい。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西