ニュース

楽天、今季初のサヨナラ勝ちで連敗止める!ソフトBは投手陣が10四死球

無断転載禁止
楽天の内田靖人
2018.05.17 13:00
東北楽天ゴールデンイーグルス 4 終了 3 福岡ソフトバンクホークス
楽天生命パーク
○ 楽天 4x - 3 ソフトバンク ●
<9回戦・楽天生命パーク>

 楽天がサヨナラ勝ちを収め連敗ストップ。ソフトバンクは逃げ切りに失敗し、試合のない首位・西武とのゲーム差は「3」に開いた。

 連敗中の楽天は、先発・岸が6回3失点(自責2)で降板。それでも7回以降は、高梨、青山、松井、ハーマンが無失点リレーでつなぎ、9回を3者凡退に抑えたハーマンが今季初勝利(1敗1セーブ)を手にした。

 打線は1-2の4回、6番内田が2号ソロを右中間席へ。再び1点ビハインドで迎えた8回は、9番嶋の適時二塁打で同点に追いついた。そして3-3の9回、4番今江の左前打、敵失などで一死一、二塁とし、7番岡島がサヨナラ打を中堅後方へ運んだ。

 一方のソフトバンクは、3番柳田が2打席連続適時打を含む3安打と孤軍奮闘。5回には、この日35歳になった6番松田が「打てて良かった」と振り返ったバースデー適時打で一時勝ち越したが、6回以降は追加点を奪えなかった。

 投手陣は、先発・中田が「三者凡退で抑えることができず、よいリズムができなかった」と語ったように、投手陣全体で10与四死球(申告敬遠1含む)。逃げ切りに失敗し、9回にサヨナラ打を浴びた森が2敗目(0勝6セーブ)を喫した。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西