ニュース

逆転の広島、中日戦の連敗を5で止める 3番松山同点打、4番鈴木がV弾!

無断転載禁止
6回に左中間への2点二塁打を放つ広島・松山=ナゴヤドーム(C)KYODO NEWS IMAGES
2018.05.17 18:00
中日ドラゴンズ 2 終了 3 広島東洋カープ
ナゴヤドーム
● 中日 2 - 3 広島 ○
<9回戦・ナゴヤドーム>

 逆転勝ちの広島が、中日戦の連敗を5でストップ。2点を追う6回、3番松山の2点適時二塁打で同点に追いつき、9回は4番鈴木の一発で試合を決めた。

 ナゴヤドームで5連敗中の広島。この日も先に2点を奪われる苦しい展開となった。それでも6回、1番田中、2番菊池の連打で無死一、三塁の好機を作ると、3番松山が左中間を破る2点適時二塁打を放ち、2-2の同点に追いついた。

 同点の9回は、4番の鈴木誠也が、相手の新人右腕・鈴木博志の直球を狙い打ち。打球は低い弾道のまま左翼席へ飛び込み、4番の一振りで試合を決めた。

 先発のジョンソンは、6回2失点と粘りゲームメイク。7回以降は今村、ジャクソン、中崎が無失点リレーでつなぎ、ジャクソンが2勝目(1敗)、最後を締めた中崎は12セーブ目を手にした。

 中日は先発・吉見が8回2失点の力投を見せるも、打線が2点しか奪えず逆転負け。8回に決勝弾を浴びた鈴木博が、プロ初黒星(2勝)を喫した。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西