ニュース

巨人・菅野が“二刀流”の活躍!真中氏「素晴らしい当たりでした」

無断転載禁止
5回、勝ち越しソロを放ち、ナインに迎えられる巨人・菅野=東京ドーム(C)KYODO NEWS IMAGES
○ 巨人 6 - 3 DeNA ●
<9回戦・東京ドーム>

 巨人の菅野智之が投げては6回3失点で5勝目、打っても決勝となるプロ初本塁打を放ち、投打で勝利に貢献した。

 試合前まで27イニング連続無失点に抑えた菅野は、この日も2回まで無失点に抑え、連続無失点を29イニングまで伸ばした。しかし0-0の3回、二死一塁から筒香嘉智に一発を浴び、連続イニングの無失点が途切れた。菅野は3-2の5回に梶谷隆幸に本塁打を打たれたが、6回を投げて3失点という投球内容だった。

 打撃では0-2の3回一死二塁からセンター前ヒットを放つと、続く坂本勇人の一時勝ち越しとなる3ランに繋げた。さらに同点に追いつかれた直後の5回の第2打席は、レフトスタンド最前列に飛び込む勝ち越しの第1号ソロを放った。

 同日放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-DeNA戦』で解説を務めた真中満氏は「ホームランを打たれましたけど、要所を締めてゲームをしっかり作りました」と菅野の投球を振り返り、本塁打には「見事でしたね。素晴らしい当たりでした」と驚いた様子だった。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM