ニュース 2018.05.19. 09:00

DeNA・ラミレス監督、2失点の武藤は「悪くはなかった」

無断転載禁止
DeNAの武藤祐太
 中日を戦力外となり今季からDeNAに加入した武藤祐太が、18日の巨人戦で移籍後初登板した。

 1点を追う6回からマウンドにあがった武藤は、先頭のマギーにいきなり二塁打で出塁を許すと、一死後、亀井善行に二塁打、長野久義に申告敬遠で満塁のピンチを招く。ここをなんとか踏ん張りたい武藤は、小林誠司をフォークで空振り三振に打ち取り、二死までこぎつけた。

 しかし、代打・阿部慎之助に3ボール2ストライクから8球目のフォークをライト前に運ばれ二者の生還を許した。移籍後初登板は、1イニングを投げて、3安打2失点とホロ苦いデビュー戦となった。

 ラミレス監督は試合後、武藤について「彼もそういう状況で投げることはわかっていたし、こちらもそのつもりで使った。あと少しで0点に抑えられるところだった。悪くはなかった。長野を敬遠して、小林を三振に取った。阿部の打席は打たれてはしまったが、やってやるぞ、という気持ちを見せてくれた。非常に良かったし、あそこで代える必要はなかった」と評価。

 「明日(19日)もこういう状況になれば彼を投入することに迷いはない」と、同様な展開で起用することを示唆した。

(取材・ニッポン放送アナウンサー洗川雄司)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM