ニュース

ロッテ、ソフトバンクに連勝! ボルシンガー7回0封4勝目、角中3打点

無断転載禁止
ロッテのボルシンガー(C)KYODO NEWS IMAGES
2018.05.19 14:00
千葉ロッテマリーンズ 8 終了 1 福岡ソフトバンクホークス
ZOZOマリン
○ ロッテ 8 - 1 ソフトバンク ●
<6回戦・ZOZOマリン>

 ロッテが快勝し、ソフトバンク戦2連勝。先発のボルシンガーが、7回4安打無失点の快投で4勝目(1敗)。打っては4番の角中が、先制、中押し、ダメ押し打となる3打点をマークした。

 ボルシンガーは初回から安定した投球。ボールを動かしながら凡打の山を作り、ソフトバンク打線に連打を許さなかった。22試合連続安打中の3番柳田に対しても、第1打席から左飛、遊ゴロ、空振り三振とヒットを許さず。7回102球を投げ、4安打7奪三振1四球の内容。来日後ベストとも言える快投劇で、防御率を1.96とした。

 打線は初回、1番荻野の安打と盗塁などで一死二、三塁の好機を作ると、4番角中が左犠飛を打ち上げ先制。4回は6番井上の5号ソロなどで3点を加えると、5回以降も角中の2打席連続適時打で6-0。8回には代打・ドミンゲスに2号2ランが飛び出し、計14安打で8点を奪った。

 ソフトバンクは先発のバンデンハークが崩れ、5回5失点(自責4)で4敗目(3勝)。打線はボルシンガーを攻略できず、8回に1点を返すのがやっとだった。柳田はボルシンガーの前に3打数無安打。8回の第4打席は2番手・シェッパーズから四球を選んだが、連続試合安打は22で止まった。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西