ニュース

ロッテ・加藤がフリー打撃で意識していることは?

無断転載禁止
ロッテの加藤翔平
 ロッテの加藤翔平は再昇格後、打撃好調だ。

 加藤は開幕一軍を掴んだが、打率.211と苦しみ4月7日に一軍登録抹消。二軍で結果を残し、5月8日に再び昇格した。再昇格後は5月12日の西武戦で4安打4打点の活躍を見せるなど、コンスタントに安打を放っている。

 加藤は「以前は当てにいくバッティングが目立っていた。今はしっかりバットを振って強いスイングで強い打球を打つことを心掛けている」と明かす。フリー打撃では「気持ち悪く打つことを意識している」と独特な表現で語った。

 その理由について「(フリー打撃で)気持ちよく打っても自己満足でしかない。センター返しで気持ち悪く打つことを意識している」と説明した。

 試合で結果を残すために意識を強く持って練習を行う加藤翔平のバットから目が離せない。

(取材=ニッポン放送アナウンサー大泉健斗)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM