ニュース

大谷、5番で3打数無安打1四球 3戦ぶり快音なし、チームも敗れる

無断転載禁止
敵地でのブルージェイズ戦に「5番・指名打者」で出場した大谷
○ ブルージェイズ 5 - 3 エンゼルス ●
<現地時間5月22日 ロジャース・センター>

 エンゼルスの大谷翔平選手が22日(日本時間23日)、敵地でのブルージェイズ戦に「5番・指名打者」で先発出場。3打数無安打1四球で、自身3試合ぶりとなるノーヒットに終わり、チームも敗れた。

 ブルージェイズ先発は左腕のハップ。大谷は0-5の2回、一死から四球で歩くも、続くシモンズが一ゴロ併殺に倒れ得点ならず。4回は4番プホルスの適時打で1点を返し、なおも無死一、二塁の好機で打席に入ったが、三ゴロに倒れた。

 2-5の7回は、先頭打者として空振り三振。2点を追う9回は二死無走者の場面で右腕・クリッパードと相対し、一飛に倒れ最後の打者となった。大谷は3打数無安打、1三振1四球の内容。打率は.310となった。

 エンゼルスの先発・リチャーズは、バックの拙守にも足をとられ、初回にいきなり5失点。2回以降はリリーフ陣も含め無失点で乗り切ったが、初回の大量失点があまりにも重く、打線の反撃も3点止まりだった。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西