ニュース

ヤクルト・バレが逆転タイムリー!大矢氏「4番バッターの意地」

無断転載禁止
ヤクルト・バレンティン(C)KYODO NEWS IMAGES
2018.05.27 18:00
東京ヤクルトスワローズ 5 終了 3 横浜DeNAベイスターズ
神宮
○ ヤクルト 5 - 3 DeNA ●
<11回戦・神宮>

 ヤクルトの4番・バレンティンが“意地”の逆転2点タイムリーで、チームを勝利に導いた。

 2-3の5回二死二、三塁で、3番・坂口智隆が申告敬遠で満塁となり、バレンティンに打席が回ってきた。最初の2打席はDeNAの先発・平良拳太郎にタイミングがあっていなかったが、「坂口が申告敬遠されてエキサイトした」とこの打席は2ボール1ストライクから外角低めのカットボールをセンター前に弾き返す2点適時打。バレンティンは、一塁ベースをいくときにガッツポーズを見せた。

 この適時打に『ニッポン放送ショウアップナイター ヤクルト-DeNA戦』で解説を務めた大矢明彦氏は「ガムシャラに引っ張らないで、センターに打ち返して見事大成功」と振り返り、「4番バッターの意地ですね」と称えた。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM