ニュース

オリックス、交流戦白星発進で5割復帰 代打策ズバリ、一発攻勢も光る

無断転載禁止
6回に逆転打を放つオリックスの代打・西野=ナゴヤドーム(C)KYODO NEWS IMAGES
2018.05.29 18:00
中日ドラゴンズ 5 終了 8 オリックス・バファローズ
ナゴヤドーム
● 中日 5 - 8 オリックス ○
<1回戦・ナゴヤドーム>

 オリックスが交流戦初戦を制し、勝率5割に復帰。代打策がズバリ的中し、T-岡田、安達、吉田正の一発攻勢も見事だった。

 オリックスは中日先発・マルティネスの前に4回まで無安打。それでも2点を追う5回、先頭の5番小谷野が右中間への二塁打を放つと、続くT-岡田が「打ったのはインコース寄りのストレート。完璧です」と語る5号2ランを、中日ファンで埋まる右翼席中段へ運んだ。

 さらに、7番安達も左翼席へ3号ソロで続き「高めのストレートをしっかりと弾くことができました」とコメント。オリックスは小谷野からの打者3人で、あっという間に試合をひっくり返した。

 その裏に再び2点を勝ち越されたが、6回は先頭の3番吉田正が8号ソロを放ち再び1点差。さらに、代わった福谷を攻め、代打・西野が逆転となる2点適時二塁打を左中間へ。その後も代打・小田、途中出場・西村に適時打が生まれ、6回は一挙5得点のビッグイニングとした。

 先発のアルバースは5回途中5失点(自責4)で降板したが。逆転した6回以降は、自慢のリリーフ陣が無失点リレー。2番手の吉田一が3勝目(1敗)、最後を締めた増井は13セーブ目(1勝)を手にした。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西